Home Dead by Daylight Forums Discussions International Japanese ニュース

ニュース | デイビッド・キングについてのお知らせ - DbD初のLGBTQIA2+キャラクター

Donnary21st_BHVRDonnary21st_BHVR Administrator, Community Manager, BHVR Posts: 1,906
edited April 27 in ニュース

Dead by Daylightが2016年にリリースされたとき、殺人鬼・生存者を合わせたプレイアブルキャラクターは7人でした。6年経った今、歪んだエンティティの領域は生存者30人、殺人鬼27人、合わせて57人を迎え入れました。 

キャラクターは終わりなき物語を語るのに重要なもので、何年にもわたり、プレイヤーの皆さんの素晴らしい熱意に受け入れられてきました。アーカイブ ― Dead by Daylightのストーリーや背景、記憶を拡大する新要素 ― が登場する前でさえ、プレイヤーの皆さんは大好きなキャラクター達のコネクションを作り上げてきました。 

これらのコネクションは、皆さんの多くにとって、エンティティに選ばれた存在の個人的な生活がどのようなものだったか、それぞれのキャラクターの関係がどのようなものだったか、そしてロマンスな関係はあったのか知りたいという興味に繋がっていきました。Dead by Daylightの世界が広がっていくにつれ、増加していくキャラクター達が私たちの巨大な、多様性あふれるコミュニティを、それぞれの物語を持つ皆さんのリプレゼンテーションを尊重するのは必要不可欠なことでした。 

皆さんのコミュニティの中で大事な基盤のひとつに、LGBTQIA2+のプレイヤーの皆さんがいます。LGBTQIA2+とは、多様な性や性的指向、性自認をお持ちの方を包括的に表現する言葉のひとつです。LGBTQIA2+の皆さんは、その終わりなきホラーやゲームに対する情熱、そしてもちろんホラーゲームに対する情熱をDead by Daylightに注ぎ続けてきてくれました。

そんな中、Dead by Daylightの登場キャラクターの中に、公にLGBTQIA2+をリプレゼンテーションするキャラクターがいないことは、私たちが変えなければならないと強く決心してきたことでした。リプレゼンテーションとは、多様性を正しく表現するという意味であり、ステレオタイプを廃して多様な生き方を正しく描くことを目指す活動や行為のことです。 

LGBTQIA2+のテーマを著名なゲームに取り入れるための専門知識を提供している組織、GaymerXの広範囲にわたるコンサルティングに伴い、私たちはこの方向が正しいと自信を持つことができました。 

本日、デイビッド・キングはDead by Daylight初の同性愛者のキャラクターであるということを正式に発表します。 

皆さんの多くが彼のことをよくご存知だと思います。ホットな喧嘩に目がない短気な暴漢。また、相手の内面にも外面にも苦痛を与える借金取り。色々な肩書を持ち、どれも小粋にこなす男 ― 愛に生きる男、戦士、機械工、賞金稼ぎ、そして即興の水着モデル。 

2017年7月に登場したチャプター5『A Lullaby for the Dark』で登場して以来、キングはすぐに最も愛されるキャラの1人になりました。キングは今でも最もプレイされている生存者ランキングのトップ10に入り、儀式でいつもキングがいるように感じるのは珍しいことではありません。過去のアーカイブでキングが霧の森に来る前の人生の断片は明らかになりましたが、まだ明らかになっていないことは多く残っています。 

そのため、キングは最新の学術書『献身』で中心となるキャラクターの1人となっています。 

『献身』では、エンティティに連れ去られる前のキングの生活の記憶がまた登場します。記憶『キングでいることの大切さ』では、キングのキャラクターの新たな一面に焦点を当て、個人的な深いつながりを探り、背景ストーリーを拡大します。 

霧の森でキングが大量発生するのを見るのを楽しみにしています。無謀なヒロイズムが殺人鬼にも微笑みをもたらしますように! 

LGBTQIA2+を自認するコミュニティの皆さん、そして私たちのコミュニティの皆さん全員に、大きな感謝を捧げます。皆さん自身の物語や皆さんの琴線に触れるものを聞くこと、そして悲惨な、恐怖に満ちた、ときどき爆笑なDead by Daylightの世界を一緒に楽しめることにとても感謝しています。 

 

皆さんに愛をこめて、 

The Dead by Daylight team 

Post edited by Donnary21st_BHVR on
This discussion has been closed.