Home Dead by Daylight Forums Discussions International Japanese 過去ログ

アーティストの弱体化予想

404NOT404NOT Member Posts: 130
edited January 4 in 過去ログ

さて、新キラーであるアーティストがついに実装されました。PTBから若干の弱体化が入ったのはほぼ予想通りでしたが、概ね基本的な性能はそのままの実装となったように思います。

ですが、残念ながらこの運営のことですので、ある程度の売り上げを回収したのちに確実に弱体化が入ります。本来このようなことをユーザーが思慮することなど本末転倒だと思うのですが、我々はアーティストを使う上で弱体化されることを前提に使い方を考えていかなければなりません。

端的にいうと、アーティストが現在の性能と使い心地のまま放置されることなどあり得ないということです。断言しますが100%確実に弱体化が入ります。

ですので、「どのような弱体化が入るか」「どう言った部分がサバイバーの意見として取り入れられるか」を予測し、「それが弱体化されるのを前提として立ち回りを組み立てる」ということをしておけば、弱体化の際の痛手を多少とはいえ和らげることができるはずです。

本ディスカッションでは今後のアーティストの変更について、以下の項目を予測し、対策を立てていくものです。

① アーティストが今後受けるであろう弱体化、及び部分的な調整の予想

② その弱体化をされることを前提とし、どのように立ち回ることを意識するか

皆様の意見をお聞かせいただけましたら幸いです。

Post edited by Donnary21st_BHVR on

Comments

  • 404NOT404NOT Member Posts: 130

    私の予想も記載しておきます。

    弱体化予想1:設置できるカラスの最大個数が2つまでになる

    現在3つまで設置、発動ができるカラスは2つまでに減らされると思います。理由は単純に、現在の3つという設置数ではうまくカラスを振り払えないサバイバーにとって理不尽な範囲攻撃であると取られる可能性があるためです。

    カラスの設置数が2つまでとなれば「1発目にうまくカラスを纏わせて、2発目にダメージを与える。上手いキラーはそれができる」というような考え方のもと、減らされてもおかしくはありません。

    対策としては「そもそもカラスを2つしか使わない立ち回りを徹底する、あるいは慣れておく」というものがあるかと思います。

    これにも一応メリットはあり、落ち着いてサバイバーの動きを予測しながら設置する練習にはなりますし、ゲージ回復的にも管理がしやすくなります。面制圧力は確かに落ちますが、弱体化以降使えなくなるよりよっぽどマシです。


    弱体化予想2:4.4族になる

    これが最も現実的、かつ短期間のうちに行われそうな弱体化だなと思っています。

    遠距離攻撃がある程度可能で足でも追い詰められるキラーという状況なので、すぐにでもデススリンガーと同じ4.4族・心音32mに調整されると思います。こちらは、もう今日明日中に行われてもおかしくないような弱体化だと思います。

    対策は……こればっかりはシステム的なものなので難しいですが、他の4.4族よろしく特定の発電機を固め、吊ったサバイバーはある程度のキャンプをしながら立ち回るという動きに慣れる、というくらいしかないと思います。

    キャンプに関してはサバイバーにとっても好ましくないでしょうが、この運営が弱体化をしうるかもしれない以上は仕方がないとも言えるかもしれません。

  • ただの人ただの人 Member Posts: 714

    前に別のとこで書いたやつだけど

    ・設置カラスのヒット判定消失

    ・発射カラスの当たり判定縮小

    ・纏わり付かせる射程縮小(射程無限じゃなくなる)

    ・壁、地形、オブジェクトは貫通しない

    ・カラス設置に時間がかかる&設置中の速度激遅に

    ・設置後の能力持続時間(カラスが消滅するまでの時間)短縮&リチャージ時間増々

    全部って訳じゃなく、この内1つでも当てはまるかな?って感じです

  • dassy726dassy726 Member Posts: 114

    カラス設置時間とリチャージ時間は増えそうですね。ダメージ判定の射程と幅も小さくなるかもしれません。

    あとスカートのスリットがなくなる。

  • 404NOT404NOT Member Posts: 130

    全部あり得そうで怖いですね…。この中の1つでも直近の弱体化で入りそうな気配がします。基本的にはカラスのエイム、偏差撃ちをよりシビアに想定するって対策くらいしかないように思います。

    設置時間の増加はほんっとにあり得そうですね。考えうる対策としては設置時のテンポ最速で置かないようにするってとこでしょうか…。

    地形やオブジェクトの貫通がなくなることはないんじゃないかなとは思います。これは三角様の地獄の罰の地形貫通をなくするようなもので、一応キラーのアイデンティティ的な節があると思うのでその点は心配しないほうがいいのかなと思いますが、まぁ万が一ということもあるのかなとは思います。リージョンのリワークくらいの大型変更になっちゃいますけどね


    三角様の尻ナーフについで、アーティストも脚ナーフが……!?

  • キラッと光るキラーキラッと光るキラー Member Posts: 199
    edited December 2021

    今のところ書いてないやつで考えると…

    【アーティストはできることが多すぎるため】とかいってカラスでの探知能力(近距離での殺人鬼の本能)はなくなると思います

  • 404NOT404NOT Member Posts: 130

    いやほんと、その「できることが多すぎるため」は何か絶対くるなと思ってます。リージョンのリワークよろしくスタンとか追加されたりする未来もちょっと見えるんですよね…

    殺人鬼の本能は本当にすっと消されそうですね。勿論、今の性能だと当てても当てなくても索敵になるって意味で強すぎると言われたらそれまでですけど、こればっかりは対策も難しそう

Sign In or Register to comment.