ホーム 過去ログ 過去のイベント 攻略ガイドコンテスト応募会場

"手斧がわかる" ハントレスガイド

Taro1130Taro1130 Member 投稿:1

◆ "手斧がわかる" ハントレスガイド ◆

◆ 本ガイドの対象者 ◆

  • ハントレスについて知りたい方
  • 既にキラーを使っているが、これからハントレスを使ってみたい方

◆ ガイドライン ◆

1 ハントレスについて

  1. 手斧以外の長所がほぼない
  2. 最大の武器である手斧の扱いが難しい

2 手斧の特性を掴もう

  1. 手斧の所持数と補充方法
  2. 手斧を投げる方向と当たり判定
  3. 常に射線を意識して戦う
  4. 直線と放物線の射線を使いこなす

3 手斧の使い方を知ろう

  1. 手斧は構えながら移動できる
  2. 初手手斧で最速ダウンを狙う
  3. 固定動作は手斧を狙うチャンス

4 テクニックを習得しよう

  1. 板を早く倒す/倒さない生存者への対処
  2. 手斧によるチェイスルートへの妨害
  3. ドラッグショットと置きAIMで狙う
  4. オブジェクトの隙間から手斧を狙う
  5. ステインを隠して手斧を狙う
  6. 遠距離から手斧を当てる

1 ハントレスについて

ウサギのお面を被った女性キラーです。通常攻撃(R2)と手斧の投擲による遠距離攻撃(L2)を持ちます。手斧の扱いが複雑なため、ハントレスの操作は慣れとコツが必要です。

1-1 手斧以外の長所がほぼない

  1. 足が遅い (4.4m/s)
  2. 心音の距離(20m)が短い長所はあるが、半径45mの生存者に届く鼻歌を歌ってしまう
  3. 強力なアドオンが多いが、手斧を強化するものが多い

このように手斧以外のスペックは他のキラーと比較すると低いです。特に鼻歌により位置がバレやすく、足も遅いので索敵は得意ではありません。したがって、長所である手斧を当てる技術の習得が必要です。

1-2 最大の武器である手斧の扱いが難しい

  1. 手斧に照準がないため、投げる方向がわかりづらい
  2. 手斧は構えて投げるまでにディレイがあり、即投げできない
  3. 手斧は構えた後にチャージでき、チャージ量で手斧の速度が変化する
  4. 手斧は放物線を描いた軌道で飛ぶ&チャージ量で変化するため、手斧が届く距離がわかりづらい
  5. 手斧のチャージを示すゲージがないため、チャージ量の判断が難しい

このように最大の武器である手斧の癖が強く、扱うのが難しいです。しかし、ハントレスの手斧は ”マップの端から端まで届くほどの射程” があります。これは唯一無二の能力です。したがって、上手く扱うことができれば、最強キラーの一角になれるポテンシャルがあると思います。以降のセクションでは、手斧の使い方、テクニックを紹介しています。ぜひ、最後までお付き合い下さい。


2 手斧の特性を掴もう

2-1 手斧の所持数と補充方法

手斧は所持できる本数が決まっており、都度ロッカーを開けて補充する必要があります。ロッカーを開けると自動的に補充モーションとなり、手斧の最大所持数まで必ず回復します。手斧を持っていない場合、単なる徒歩キラーなので、チェイス中でも補充することをオススメします。

2-2 手斧を投げる方向と当たり判定

◆ 手斧を投げる方向 ◆

手斧は画面中央に向かって投げます。画面中央を示す照準は表示されないため、体感で覚える必要があります。ハントレスを使い込んで、画面中央の感覚を身に付けていきましょう。

◆ 手斧と生存者の当たり判定 ◆

手斧の当たり判定は、見た目より少し大きい球状 です。当たり判定を把握することも、手斧を当てる上で重要です。体感で覚えましょう。生存者の当たり判定は、体全体なので、頭・体・腕・足すべてに判定があります。したがって、体の一部が見えれば手斧が当たります。動画は腕の当たり判定によって、手斧が命中しています。

2-3 常に射線を意識して戦う

◆ 射線とは?
ハントレスと生存者の位置を最短距離で結んだ直線または、放物線
また、射線に障害物はない
- 射線に沿って、手斧は飛びます。

つまり、「射線 = 手斧の軌道」を意味します。すなわち、「射線が通れば、 手斧を当てることが可能」と思ってください。したがって、手斧を当てるためには、常に "射線を意識して戦う" ことが大切です。手斧を投げる時は、射線を確保できる場所から投げましょう。以降、射線という言葉が頻繁に出てきます。


2-4 直線と放物線の射線を使いこなす

射線は2種類しかありません。直線の射線と、放物線の射線です。

◆ 手斧の射線は投げる角度とチャージ量で調整可能 ◆

射線は、カメラアングル(右スティック)とチャージ量で変化します。チャージ量が多いほど、放物線から直線に近い射線に変化します。ちなみに、チャージ量に応じて、手斧の速度も大幅に上昇します。

直線 or 放物線どちらの射線なら通るか、判断して投げましょう。


3 手斧の使い方を知ろう

3-1 手斧は構えながら移動できる

手斧は構えながら動けます。また構えた後も、チャージしながら動けます。手斧を構えながら動くメリットは、以下の2点です。射線を意識して戦うと、自然と射線を確保できる場所に移動して手斧を投げる機会が増えると思います。

◆ 手斧を移動しながら構えるメリット
- 射線を維持できる
- 距離を詰める生存者に対処できる

3-2 初手手斧で最速ダウンを狙う

手斧の特性として、手斧を投げた後のディレイが通常攻撃より短いという点があります。この特性を活用すれば、素早く生存者をダウンさせることができます。

◆ 生存者をダウンさせるまでの時間が短い順
1. 手斧→手斧
2. 手斧→通常攻撃 ※接近する必要があるので、手斧→手斧より時間が掛かる
3. 通常攻撃→通常攻撃

◆ どんな距離でも初手手斧 ◆

手斧を投げた後のディレイは短いので、"通常攻撃が当たる距離でも、初手は手斧で攻撃する" ことを意識してください。その後は通常攻撃でも良いので、とにかく手斧から攻撃を派生させて、ダウンペースを上げましょう。

3-3 固定動作は手斧を狙うチャンス

手斧を狙うタイミングは、生存者の固定動作に合わせると良いです。射線さえ通れば、手斧はいつでも狙うチャンスがありますが、闇雲に狙うのは難しいです。したがって、板倒し、板・窓越え、落下時の硬直などの固定動作を狙います。これらの動作中は無防備であり、手斧を狙う絶好のチャンスです。たとえ、難しいショットを決めれなくても、このタイミングに手斧を確実に当てられるだけで、試合に勝利できます。ですが、意外とこれが難しいです・・。

◆ 固定動作を予想して手斧を構える ◆

固定動作に手斧を当てられない理由は、構えるタイミングが遅いからです。

手斧は構えて投げるまでにディレイがあり、即投げできない

これにより、生存者が固定動作を開始するタイミングで構えても、当然間に合いません。したがって、”生存者の固定動作を予想して、事前に構える”ことが重要です。繰り返し、ハントレスを使うことで、この事前に構えるタイミングは掴めます。


4 テクニックを習得しよう

4-1 板を早く倒す/倒さない生存者への対処

ハントレスに理解がある生存者は、板を倒すタイミングを狙われないように"板を早く倒す"、板を倒した時に手斧を狙うことを予想して、"あえて板を倒さない"チェイスをしてきます。これでは、板グルに余計に時間が掛かります。

◆ 対処法:遮蔽物越しに狙う ◆

高さが低い遮蔽物であれば、至近距離でも射線が通ります。手斧の当たり判定と射線を考慮して、少し上に投げてみましょう。板グルしながら、生存者が射線に立ったタイミングを狙います。高さのある遮蔽物の板グルであれば、遮蔽物越しに狙うのは諦めましょう。素直に追いかけて、板を破壊した方が早くチェイスが終わります。

4-2 手斧によるチェイスルートへの妨害

チェイスルートを予想して手斧を構えて置くことで、逃げて欲しくない場所への牽制ができます。特に上級者ほど、キラーの動きを見ているので、この牽制が効きやすいです。固有建築物などの強ポジに逃げられないよう、手斧で牽制してチェイスを妨害しましょう。

◆ 牽制を見越してフェイントしてくる生存者への対処 ◆

上級者になると、板側に行くふりをして、板を越えないフェイントを織り交ぜてきます。そんな時は冷静に、フェイント後の逃げ道を狙いましょう。進路を見越して牽制で手斧を構えるようになれば、いつでも即投げできます。即投げできるからこそ、冷静に対処しましょう。

4-3 ドラッグショットと置きAIMを狙う

◆ ドラッグショット ◆

短〜中距離で逃げる生存者を狙う際、ドラッグショットが有効です。

◆ ドラッグショットとは?
- 手斧を狙い続けるのではなく、瞬時に手斧の狙いを合わせるテクニック
* FPSで使用される共通技術

私は常に生存者を狙い続けるより、瞬時にドラッグショットで狙いを合わせた方が当てやすいです。しっかり、右スティックを用いて狙いを合わせます。感度は狙った場所を瞬時に狙える値にしましょう。自分に合った感度を見つけてみてください。

◆ 置きAIM ◆

逃げ方が単調な生存者なら、置きAIMで狙うのも有効です。

 ◆ 置きAIMとは?
- あらかじめ、生存者が通過する場所に、狙いを合わせておき、通過するタイミングで手斧を投げるテクニック
* FPSで使用される共通技術

後方を確認しない生存者に有効です。オブジェクトとオブジェクトの間、板・窓枠など逃げる場所を予想して構えておきましょう。また、とうもろこし畑は、生存者側もこちらの姿が見えない場所なので、上級者でも油断して動きが単調になりがちです。置きAIMのチャンスと言えます。

4-4 オブジェクトの隙間から手斧を狙う

手斧は窓越し、オブジェクトの隙間を通すことができます。特に窓越しは積極的に狙いましょう。チェイス中に狙いやすい窓を見つけたら、チェイスを中断して、窓から生存者を狙ってみましょう。隙間を通せるオブジェクトは各マップにあります。その隙間を探すのもハントレスの面白さでもあります。

4-5 ステインを隠して手斧を狙う

生存者は上級者になるにつれて、オブジェクトの曲がり角で待機します。これは、どちらからキラーが来ても視界に入れやすく対処しやすくなるためです。この状態の生存者に普通に手斧を投げてしまうと、生存者が曲がり角に入り、手斧を当てることはできません。このケースは、ステイン隠し投げを使いましょう。

◆ ステインとは?
- キラーの目線を示す赤い光のこと
- 生存者はステインを見て、キラーの位置を判断している

◆ ステイン隠し投げとは?
- ステインを隠しながら手斧をチャージしつつ射線が通る位置まで移動し、生存者の待機位置を予想して決めで投げるテクニック
- 生存者はキラーの接近を予想できず、曲がり角から移動しない
- 手斧を最大チャージして投げるので、最速の手斧により命中率が上がる

壁に対して、一時的に横を向くことで生存者からステインを隠すことができます。特にこのテクニックは小屋チェイスで有効です。小屋の曲がり角で待機する生存者は多く、ステインを隠すことで一瞬の隙を狙うことができます。

4-6 遠距離から手斧を当てる

ハントレスの手斧の射程は、マップの端から端まであります。その射程を活かして、手斧を遠投することがハントレス使いの最終目標です。

◆ 偏差投げ ◆

生存者との距離があるほど、手斧が生存者に届くまでに時間が掛かる上に、生存者はその時間だけ移動することができます。この場合、偏差投げが必要です。

◆ 偏差投げとは?
- 手斧が届く時間と生存者の移動距離を考慮して、先を読んで手斧を投げるテクニック
* FPSでは偏差撃ちと言われる共通テクニック

生存者との距離があるほど、偏差が大きくなります。ただし、チャージ量により手斧の速度が上昇するので、チャージ量に応じて偏差が少なくなります


◆ バベチリを使用した遠投 ◆

バーベキュー&チリで遠距離にいる生存者のオーラを視認して、遠投を狙うのが一般的な方法です。


ガイドは以上になります。最後までお付き合い頂き、ありがとうござました!長々と説明致しましたが、ここまでの内容を頭の片隅置いて頂き、ひたすらハントレスを使い込んで、手斧の扱いを体感で覚えていきましょう。私は1000投トロフィーを取得したあたりで、手斧に慣れてきました。このトロフィー取得を最初の目標に掲げると良いかもしれません。


◆ 筆者について ◆

Name:Taro

PSID:Tarooooooooo1130

Youtubeチャンネル:

https://www.youtube.com/channel/UCu_opMa2DgFwqsT50N74fdw?view_as=subscriber

Taroと申します。PS4のDBDを始めて2年が経ちました。遠投トロフィーきっかけでハントレスに興味を持ち、現在はYouTubeにハントレス動画を投稿しています。さらにハントレスを知りたい!という方は、ぜひ私のチャンネルの動画を見てくださると、嬉しいです。みなさんのハントレスライフの助けになる動画をアップロードしています。ハントレスは難しいキラーですが、それだけ奥深く・極め甲斐のあるキラーだと思います!使ってみてください🐰


◆ おすすめ動画 ◆

こちらのガイドの元ネタです。より理解が深まると思います!

試合の動画です!ハントレスの強さが詰まっています。


Post edited by Taro1130 on
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。