Something's strange about the next chapter...

初心者向け 基本ガイド

ここでは最近始めたばかりで何をしたらいいのか分からない初心者の方向けに、

基本ルール、立ち回りのコツ、おすすめのパークなどを紹介していきます。


【基本ルール】

Dead by Daylightは、4人の生存者側と1人の殺人鬼側に分かれて戦います。

生存者側の目的は、殺人鬼に捕まらないように、5つの発電機を修理し、ゲートを開けて脱出することです。

殺人鬼側の目的は、逃げ惑う4人の生存者を攻撃して捕まえ、肉フックに吊るす事です。


【生存者の状態】

生存者は、「正常状態」で試合が始まります。攻撃を一回受けると、「負傷状態」になり、うめき声を上げ、血痕を残すため、殺人鬼に見つかりやすくなります。


もう一度攻撃を受けると、「瀕死状態」になり、移動速度が大幅に低下し、アクションが起こせなくなります。

自分だけでは完全に回復する事ができないので、仲間に助けを求める必要があります。

一定時間瀕死状態だった場合、その生存者は出血死してしまいます。


生存者の状態は、左下の表示から確認する事ができます。


【スキルチェック】

生存者側は、修理や治療といった行為を行なっていると、「スキルチェック」が発生する事があります。スキルチェックは、タイミングを合わせて特定のボタンを押す事で回避できます。スキルチェックに失敗してしまうと、修理や治療の進行度が減り、殺人鬼に位置がバレてしまいます。スキルチェックを大成功させると、進行度が増加します。


【ブラッドポイントとブラッドウェブ】

試合でアクションを起こしたり、目的を達成する事で、「ブラッドポイント」というものが入手できます。

ブラッドポイントは、ロビーのブラッドウェブで使用し、パークやアイテム、アドオン、オファリングの入手、キャラクターのレベル上げを行う事ができます。


【殺人鬼の心音】

生存者側は、殺人鬼が近くに来ると、心臓の音が聞こえてきます。これを使って殺人鬼の接近を察知できます。

殺人鬼側は、パークやアドオンを使う事で心音の範囲を変える事ができます。また、心音の範囲は殺人鬼によって異なります。


【殺人鬼の目線】

殺人鬼からは赤い光が出ており、これは殺人鬼がどの方向を向いているのかを表します。この赤い光は生存者側にしか見えません。

殺人鬼側は固有能力やパークを使って赤い光を消す事ができます。


【運搬】

殺人鬼側は、生存者を瀕死状態にすると、担ぎ上げて運搬する事ができます。

生存者側は、もがく事で殺人鬼の移動を妨害し、加えてもがきゲージを貯める事ができます。もがきゲージが最大まで貯まると、殺人鬼の拘束から逃れる事ができます。


【血の渇望】

殺人鬼側は、生存者と一定時間チェイスをしていると、「血の渇望」が発動します。血の渇望が発動すると、殺人鬼の移動速度が上昇します。

血の渇望には3段階まであり、生存者を攻撃する、倒れた板を破壊する、チェイスが終了してから5秒経過などでリセットされます。


【パーク】

パークは、使用する事でキャラクターの能力を強化する事ができ、生存者側と殺人鬼側で別々に用意されています。


また、「固有パーク」と「ティーチャブルパーク」というものがあります。

固有パークは、1人のキャラクターにつき3つ存在し、そのキャラクターでしか使用できません。

ただし、ティーチャブルパークを取得する事で、他のキャラクターのブラッドウェブに現れるようになります。


【アイテム】

アイテムは、生存者側が使用するものであり、発電機の修理速度や負傷した際の治療速度を増加をさせたりと、試合を有利に進ませる事ができます。

アイテムはブラッドウェブでの入手の他に、マップに生成される「チェスト」からも入手できます。アイテムは試合で死亡したり、マップに置いたまま脱出すると失います。アドオンを付けていた場合、アドオンも一緒に失います。


【アドオン】

アドオンは、生存者側のアイテムや、殺人鬼側の固有能力を強化させるのに必要なものです。生存者側はアドオンを付けていたアイテムを失うと、アドオンも一緒に失います。

殺人鬼側は試合を行う度にアドオンを消費します。


【オファリング】

オファリングは、ブラッドポイントの獲得量を増加させたり、マップを指定したり、瀕死状態の生存者をそのまま殺す、などができます。オファリングは試合を行う度に消費します。


【レアリティ】

パーク、アイテム、アドオン、オファリングにはそれぞれレアリティがあり、低い順から

「コモン(茶)」

「アンコモン(黄)」

「レア(緑)」

「ベリーレア(紫)」

「ウルトラレア(赤)」

となっています。レアリティが高ければ高いほど、能力も上がっていきますが、入手に必要なブラッドポイントも上がっていきます。


【マップ】

Dead by Daylightは、試合の度にマップの地形が変化します。マップの地形をいち早く捉える事が重要です。

また、マップの各所には、板、窓枠、チェスト、ロッカー、肉フック等が生成されます。


【発電機】

マップの各所には「発電機」が生成されます。生存者側は、この発電機を時間をかけて修理しなければなりません。

また、最大4人で修理する事ができ、人数が多いほど修理速度も上がります。


殺人鬼側は、発電機にダメージを与えて、修理を妨害する事ができます。ダメージが入った発電機からは火花が散り、修理ゲージが徐々に減っていきます。生存者が修理を再開する事で元に戻ります。


修理しないといけない発電機の数は左下に表示されます。


【肉フック】

マップの各所には「肉フック」が生成されます。殺人鬼は、生存者を担ぎ、肉フックに掛ける事ができます。

生存者が肉フックに掛けられると、エンティティが召喚され始めます。初期の段階では、成功率は低いですが、自力脱出に挑戦する事ができます。失敗するとエンティティが早く召喚されてしまいます。


エンティティが召喚されると、生存者は特定のボタンを連打してもがく事ができます。連打が途切れる、一定時間経過、殺人鬼が同じ生存者を3回肉フックに掛けるなどでエンティティに貪られ死亡してしまいます。

生存者が死亡した場合、そのフックは破壊され使えなくなります。


生存者側は肉フックに掛けられた仲間を救助する事ができます。


また、工具箱を持っている場合、肉フックを破壊する事ができます。破壊された肉フックは3分で元に戻ります。ただし、生存者の死亡が原因で破壊された肉フックは元に戻りません。


また、エンティティ召喚の進行度は左下に表示されます。


【脱出ゲート】

発電機の修理が完了すると、「脱出ゲート」が開けるようになります。ゲートが開くとカウントダウンが始まり、時間内に脱出しないと強制的に死亡してしまいます。


【ハッチ】

生存者が最後の1人になった場合、マップ上に「ハッチ」が出現し、ハッチを使って脱出することができるようになります。ただし殺人鬼はハッチを閉じることが可能です。


殺人鬼がハッチを閉じた場合、ゲートが開けるようになり、カウントダウンが始まります。時間内に脱出できなければ強制的に死亡してしまいます。


【地下室】

マップの何処かには「地下室」が1つ生成されます。地下室には肉フックがたくさんあり、その肉フックはどんな手段を用いても破壊する事ができません。救助にもリスクがかかるため、殺人鬼側は、近くに地下室があれば、積極的にそこへ生存者を運搬しましょう。



【生存者の立ち回りのコツ】

生存者は、仲間と協力し合う事が重要です。殺人鬼に見つからないように、仲間と合流するのがいいでしょう。また、マップの中心にある発電機を修理すると、試合の展開を有利に進めやすくなります。仲間が負傷した場合は積極的に助けてあげましょう。


また、殺人鬼にバレないように隠密行動を心がけましょう。走ったり、走った状態で窓枠を飛び越えたりすると、足跡が残ったり、殺人鬼に位置がバレたりします。心音などで殺人鬼の位置を特定していると行動しやすくなります。


殺人鬼とのチェイスに関しては、板や窓枠を駆使する事が重要です。殺人鬼は窓枠を越えるのに時間がかかり、板を倒された場合時間をかけて壊さなければ進む事ができません。


また、各所に生成されるロッカーを使う事で、殺人鬼の視界から外れることができます。しかし、バレてしまった場合は正常状態であっても瀕死状態にされてしまうので気をつけましょう。


【殺人鬼側の立ち回りのコツ】

殺人鬼側は、生存者が集まる「発電機」を周回しましょう。また、物音の通知があった場合、その周辺に行く事で生存者を見つけることができるかもしれません。


また、生存者は走った際に足跡を残したり、負傷状態の場合にうめき声を発し、血痕を残したりするので、それを頼りに探すことも重要です。


生存者とのチェイスになった場合、板や窓枠を駆使してくると思うので、回り込んだりして距離を縮めていき、攻撃を当てましょう。また、倒された板は、後で邪魔にならないように積極的に破壊していきましょう。


また、殺人鬼側の固有能力を最大限に生かす事も重要です。マップによって相性の良し悪しがあるので、マップを指定するオファリングなどを使うといいでしょう。


【おすすめパーク】

[生存者]

・セルフケア(クローデットの固有パーク)

・スマートな着地(ネアの固有パーク)

・都会の逃走術(ネアの固有パーク)

・絆(ドワイトの固有パーク)

[殺人鬼]

・呪術:誰も死から逃れられない

・呪術:破滅(ハグの固有パーク)

・バーベキュー&チリ(カニバルの固有パーク)

・看護婦の使命(ナースの固有パーク)


【まとめ】

これで本当に基本的な事は分かったと思います。後は何回もプレイして、自分の立ち回り、自分のパーク構成を発見していってください。

最初のうちはキャラのレベルを上げて、パークをたくさん取っておいた方が良いと思います。

タグ付けされた:
コメントするにはサインインまたは登録して下さい。