ホーム 雑談掲示板

【ある2つのパークでスキルチェックを自在に操る方法】

このパーク構成でスキルチェックを意のままに操ることができます。

まずはじめに

現在キラー採用率の高い「破滅」、グレイトだけを狙って修理するのは至難の業です。

ただし、張り込みはその悩みを解消します。

追跡されずに心音範囲にいるだけで15秒ごとにトークンが溜まります(最大4つ)。スキルチェックが

発生した際この張り込みトークンを1つ消費することでグッドスキルチェックをグレイトスキルチェックに

変換することができます。

「破滅」の呪術スキルチェック時も同様にグッド部分で止めたスキルチェックをグレイトスキルチェックに

変換し発電機のゲージ後退を抑えることができます。

ですが張り込みトークンは治療時、破壊時などの他スキルチェック時にも適用されるため汎用性が高い反面、

思うように発電機修理のみにトークンを消費することが困難です。

しかし、今回ご紹介する方法を用いれば発電機修理のみに張り込みトークンを活用できます。

その方法とはパーク「張り込み」と「独学者」を併用することです!

独学者は仲間のサバイバーを治療する際に発生するスキルチェックにグレイト領域が存在しません。

(医療キットで治療してしまうと効果が無効になるので注意)


さらにグッド部分でスキルチェックを止めたとしてもグレイト扱いにならず

独学者の効果が優先されグッドスキルチェックとなり張り込みトークンを消費しません。


自身の治療をする際は仲間に治療してもらうかアドオンの止血剤、止血用注射器を使用することで

張り込みトークンを消費せず、スキルチェック無しで回復することができます。

つまり破滅対策で取得した張り込みトークンを全て修理時のスキルチェックに使用できます。

よって儀式中最も多くスキルチェックが発生する修理と治療のスキルチェックをこの2パークで

思いのままに操ることが可能になるのです。

パーク構成としては張り込み、独学者に加え「共感」を採用することでより独学者トークンの獲得や

味方のサバイバーに自身の負傷を回復してもらえるのでおすすめです。

参考動画として私が実況でこの張り込みと独学者を併用した動画を貼らせていただきます。

https://youtu.be/9tRVIAcNc1Q

コメントするにはサインインまたは登録して下さい。